エアカナダは今後レディースアンドジェントルマンを言わない

飛行機に乗っている最中、CAさんや機長さんが乗客に挨拶をするときに、「レディースアンドジェントルマン」と言いますが、エアカナダでは今後言わなくなります。その代わりに「Everybody」のような言葉で挨拶するようになります。

ジェンダーニュートラル

性別に関する言及をなくすことで、機内での挨拶を現代化させることを目的にしていると、エアカナダのスポークスマンは言っています。

カナダに住む人々の多くは、LGBTQの方達に対して差別を持たないどころか、LGBTQは普通のことでストレートの人たちと何も変わらないと受け入れています。今回のエアカナダの方針変更は、そんな世論の流れを組んでいます。

エアカナダでは、LGBTQの人たちが不安を感じることのない、働きやすい環境づくりにもこだわっていて、2019年版カナダの多様性を取り入れている企業のトップ100に選ばれています。

Air Canada – Recognized As One Of Canada’s Top 100 Employers (2019)

政府もジェンダーニュートラルを牽引

ジェンダーニュートラルは企業ごとに進めているだけでなく、国も先陣を切って推し進めています。

ゲイパレードに、カナダの首相ジャスティントルドーも参加して、カナダはLGBTフレンドリーな国だということを示しています。

2019年の初めには、免許証などにかかれる性別を、男と女以外にも「どちらでもない」を示す「X」を選べるように法を改正しています。

「マイノリティを差別しない」からもう一歩進んだ、「マイノリティを思わせない」取り組みを積極的に行っているカナダは、本質的に生きやすい国づくりを目指しています。

こんな記事も読まれています

投稿はありません。

もう記事がありません

エラーが発生しました

もっと表示する

無料で相談に乗ります!
バンクーバーの
コンシェルジュサービス

バンクーバーへの観光や長期滞在をより快適に楽しめるように、基本的に無料で相談に乗っています。
過去には、ワーホリの方のお部屋探し相談や、美味しいお店、立ち寄りスポットなどの紹介をさせていただいたこともあります。
まずはお気軽にご相談を!

  • 入力必須です。
  • 入力必須です。
  • メールアドレスの形式で入力してください。
  • 入力必須です。
OR

お問い合わせを送信しました。
24時間以内に返信させていただきますので、しばらくお待ちください。
お問い合わせありがとうございました。

送信に失敗しました。
何度も失敗するようでしたら、こちらからお問い合わせください。