BC Ferries 料金値上げを発表 – 次の世代を見据えたアップグレード

BC Ferriesはフェリーの運賃を値上げすることを決めたようです。毎年、最大で 2.3% の上昇を 2020年4月から 2024 年の3月までの期間で行います。

2019年では、バンクーバーとビクトリア間の運賃は $17.20 なので、最終的に2024年には $18.80 ぐらいになっているかもしれません。

老朽化したフェリーの置き換え

今回の値上げで、Queen of Alberni などを含む Queen シリーズ 5隻のフェリー船が新しく置き換えられます。

それらの5つの船は、バンクーバーとナナイモ や、ソルトスプリングアイランドを含むガルフアイランドを結ぶ路線を走っていて、キャパシティが1200人から1500人の、中規模のフェリー船になります。

これらの路線への渡航率の上昇を鑑み、大きな船へと置き換えを行います。
現状でBCフェリーが所有している最大の船は C-クラスと呼ばれる Coastal Celebration や Coastal Renaissance ですが、新しい船はこれらの船を超えることになるそうです。

また、これらの5つの船は1980年前後に作られたものばかりで老朽化が進んでいるため、置き換えが必要となっています。

最新テクノロジーで環境への配慮

新しく作られる船は最新テクノロジー満載です。

例えば、バイヒューエルエンジンを搭載することによる排気ガスの削減や、ハイブリッドなバッテリーシステム、水面下などでのノイズ低減を目的としたジェット推進システムなどを取り込んで船を作ることを計画しています。

バイフューエルエンジン

天然ガス やLPガス をメインにした、ガソリンを予備燃料として使用できるエンジンのこと。低コストで排ガスのクリーンさがガスを利用するメリット。しかしガスのインフラが不十分なため、ガソリンを予備燃料として使用できるようにし、燃料切れへの不安を払拭した。

LPガスは LPG, 天然ガスは CNG と略される。

wikipedia

BC州は環境に対して積極的に取り組んでおり、フェリーの置き換えを行う際も環境への配慮をしっかりと見せてきました。

今後、有識者により造船所の選択を行い、船を作っていくそうです。2024年までにサービス開始を目的としており、新しい船が走っているのが見れるのはもう少し先のことになりそうです。

フェリーターミナルの改修工事も

フェリーに乗船する人口が増えてきていることにより、 Horseshoe Bay フェリーターミナルが大混雑をするそうです。今回のフェリー料金値上げは、 Horseshoe Bay フェリーターミナルの改修工事にも使われ、より良いフェリーターミナルへと変貌を遂げます。

値上げと聞くとあまり嬉しいことではないのですが、BC州の取り組みの一つでもある環境への配慮・サステナビリティな街づくりの意思を組んだ、次世代を意識したアップグレードとなりそうです。

BC Ferries to build 5 new large vessels for major routes serving Metro Vancouver

BC Ferries launches public consultation on new major vessels to Vancouver Island

こんな記事も読まれています

投稿はありません。

もう記事がありません

エラーが発生しました

もっと表示する

無料で相談に乗ります!
バンクーバーの
コンシェルジュサービス

バンクーバーへの観光や長期滞在をより快適に楽しめるように、基本的に無料で相談に乗っています。
過去には、ワーホリの方のお部屋探し相談や、美味しいお店、立ち寄りスポットなどの紹介をさせていただいたこともあります。
まずはお気軽にご相談を!

  • 入力必須です。
  • 入力必須です。
  • メールアドレスの形式で入力してください。
  • 入力必須です。
OR

お問い合わせを送信しました。
24時間以内に返信させていただきますので、しばらくお待ちください。
お問い合わせありがとうございました。

送信に失敗しました。
何度も失敗するようでしたら、こちらからお問い合わせください。