Flutter (Dart) での変数や定数の宣言方法

Flutter は Dart でのコーディングになりますが、 Dart における変数の宣言の仕方についてまとめておきます。

変数の宣言

型を指定せずに変数を宣言

javascript 同様に var で宣言します。

var myName = 'Ironman';

上記の例では、 myName という変数を宣言し文字列を代入しています。

var で変数を宣言する際に値を代入すると、Dartはその変数の型を推測し、そして他の型の値を代入できなくなります。

下記の例では、変数 myName を宣言時に文字列を代入しているので、それ以降で整数を入力するとエラーになります。

var myName = 'Ironman';
myName     = 3000; // ERROR

変数を宣言するときに、値を代入しなければ型は固定されません。

var myName;
myName = 'Ironman'; // OK
myName = 3000;      // OK

変数の型が途中で変わる場合は、dynamic で変数を定義することもできます。

dynamic myName = 'Ironman';
myName         = 3000; // OK

型を指定して変数を宣言

型を指定して変数を宣言するときは、変数名の前に型名を記載します。

int myNumber = 159;

上記の例では、int と記載したので、 myNumber は整数型となります。
その他の型には下記のようなものがあります。

double

int は整数ですが、小数を含む数値の場合は double で定義します。

double myDouble = 1.2394;

boolean

true or false

boolean doesIronmanSaveWorld = true;

String

文字列を表す型です。

String myWord = 'I love you 3000';

List<T>

配列を表す型です。

T には intString, dynamic など、配列の要素を指定する型名が入ります。<T> は省略可能。

List<String> myMovies = ['Ironman', 'Ironman 2', 'Ironman3', 'Civil War', 'Avengers'];

Map<K, V>

連想配列を表す型です。

Map<String, Int> moviesYear = {
 'Ironman':   2008,
 'Ironman 2': 2010,
 'Ironman 3': 2013
}

定数の宣言

定数を宣言する方法は2つあります。

final

final で宣言された定数は、その後他の値を代入することはできません。

final yourName = 'Spiderman';
yourName       = 'Dr. Strange'; // ERROR

const

final 同様に const で宣言された定数は、その後他の値を代入できません。

const yourName = 'Spiderman';
yourName       = 'Dr. Strange'; // ERROR

さらに、 const はコンパイル時に定数として定まっていないといけないので、変数を代入することはできません。

string myName   = 'Ironman';
const  yourName = myName // ERROR
final  yourName = myName // OK

こんな記事も読まれています

投稿はありません。

もう記事がありません

エラーが発生しました

もっと表示する

ウェブ開発へのお問い合わせはこちらから

ウェブサイトやアプリ開発をしております。
どんなものを作りたいのかを明記した上でお問い合わせをお願いします。
また、簡単な質問や要望も受け付けています。まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 入力必須です。
  • 入力必須です。
  • メールアドレスの形式で入力してください。
  • 入力必須です。
OR

お問い合わせを送信しました。
24時間以内に返信させていただきますので、しばらくお待ちください。
お問い合わせありがとうございました。

送信に失敗しました。
何度も失敗するようでしたら、こちらからお問い合わせください。