iPad Pro を仕事で活用するなら絶対 12.9インチを選ぶべきたった一つの理由

2018年に衝撃なデビューを飾った iPad Pro はベゼル極薄のほぼ全面ディスプレイで、購入欲を刺激しまくるモデルでした。

全画面ディスプレイになったおかげで、 画面サイズが大きく、それでいて持ち運びやすくなりました。

2018年版 iPad Pro には 2つのディスプレイサイズが存在します。 11インチ と 12.9 インチです。僕は持ち運びやすいという理由から 11インチを即購入し、仕事に活用してきました。

結果的にこの選択は失敗だったと言わざるを得ません。そんな自分の体験から今後 iPad Pro を購入する方には 12.9 インチをお勧めしたい!

その理由はただひとつ。

画面が大きい。

これが全て。

これで全部語った感もありますが笑
もうちょっと深掘りさせてください。

複数のアプリを表示させたい、もっと大きなビューで。

例えば、カフェで作業をするとき iPad Pro を使えないかな、というのが iPad Pro を購入した目的です。 macbook pro より持ち運び便利ですからね。

11インチ iPad Pro のいいところは、バスで移動中も、もちろんカフェで作業中もパッとカバンから取り出して作業を始められます。macbook pro を広げられないようなところで作業を開始できるのでむしろ快適です。

でもね、画面が大きいほうがいい。やっぱり画面が小さいと作業効率が落ちます。

例えば iPad Pro を使ってブログを投稿するとき。

画面左にブラウザを立ち上げ wordpress を開きます。右側には写真アプリを開いておきます。写真をタップ・ホールドして 写真をブログに挿し込みたいところまで持っていく。指を離せば ブログ に写真の挿入完了。

タップで直感的にできるのってやりやすいかなって思ってました。実際やりやすいんです。でも wordpress の画面サイズが小さくて、結局全画面にしたくなっちゃいます。

というのも、アプリを2つ並べた状態だと wordpress の右側の部分の「文書やブロックの設定」が常に開かれてるわけじゃないんです。設定アイコンをタップすればいつでもこの部分を表示できますが、その部分を開いていると、今度はエディタ部分がすごく狭くなってしまいます。

スプリットビューでアプリを2つ並べても使いやすいのは絶対 12.9 インチ。

1つのアプリを全画面で使うときも、もっと大きなビューで使いたい

さらにデザイン系も iPad Pro でできるようになるといいなと思ってました。

僕は Affinity Designer や Affinity Photo を使っています。これらのアプリは iPad Pro でも利用可能。さらに、 Adobe アプリも iPad Pro で展開されています。

こういったアプリを駆使して、パッと iPad Pro を開いて作業を開始できたらとても便利なんじゃないか、って魅力的に感じてました。

これもその通りなんですが、 11 インチよりも絶対 12.9 インチがいいです。

こういったアプリって、アプリ内に複数のウィンドウが登場します。そのウィンドウによってキャンバスが隠れてしまうんですよ。大きい画面なら、キャンバスをより大きな領域で表示できます。

動画編集アプリとかも同じことが言えます。小さい画面でちまちまやるよりも大きい画面で作業したほうが絶対やりやすい。

画面が小さいと結局動画閲覧用デバイスになっちゃう

結果、 11 インチの iPad Pro はほとんど出番がなくなってしまいました。今では Disney+ を見る端末に化してます。

それでも、外で作業をするとき macbook pro を持ち歩くほどじゃないなって時は iPad Pro を持って行きますが、それでブログを更新しようと思っても結局写真の貼り付けは家に帰ってきてから macbook pro でやっちゃいます。

11 インチ iPad Pro は プロの名を冠していますが、結局は閲覧系の作業向けなデバイスから抜け出せてないなという感じです。

iPad Pro は未来のコンピューティング

それでも iPad Pro が大好きです。

iPad Pro は未来のコンピューティングの形なんです。たった1枚の板でなんでもできちゃうんです。 apple pencil で描くことができるのも魅力的すぎます。

このあたりは apple もしっかり認識しています。だからこそ iPad OS という、 iPad 専用の OS を作るほどの取り組みを見せています。今後 iPad OS の進化によって iPad が本当の意味で仕事に使えるようになっていくはずなんです。

だからこそ、 iPad Pro 12.9 インチが絶対におすすめなんです。

「持ち運びやすい」という点では 11インチが勝ちますが、作業のしやすさ・作業効率を軸に考えると大きな画面が必要。そうじゃないと結局やりたいことを気持ち良くできない、という悲しい結果に陥ります。

iPad Pro を仕事での活用を検討されている方は 12.9 インチ。これは間違いありません。

(macbook pro がタッチ対応してくれたら良いんだけどなあー!!!それは無理だよなあ。)

こんな記事も読まれています

投稿はありません。

もう記事がありません

エラーが発生しました

もっと表示する

無料で相談に乗ります!
バンクーバーの
コンシェルジュサービス

バンクーバーへの観光や長期滞在をより快適に楽しめるように、基本的に無料で相談に乗っています。
過去には、ワーホリの方のお部屋探し相談や、美味しいお店、立ち寄りスポットなどの紹介をさせていただいたこともあります。
まずはお気軽にご相談を!

  • 入力必須です。
  • 入力必須です。
  • メールアドレスの形式で入力してください。
  • 入力必須です。
OR

お問い合わせを送信しました。
24時間以内に返信させていただきますので、しばらくお待ちください。
お問い合わせありがとうございました。

送信に失敗しました。
何度も失敗するようでしたら、こちらからお問い合わせください。