Flutter アプリ をandroid エミュレータで動かす

今回は Flutter でコーディングされたアプリを Android のエミュレータ (AVD) で動かしてみます。

Android Studio をインストール

Android Studio をインストールします。こちらのリンクの Donwload Android Studio からどうぞ。

Android デバイスのエミュレータをセットアップ

Android Studio をインストールできたら起動しましょう。そうすると下記のような画面が表示されます。右下の Configure から AVD Manager を選択しましょう。

Your Virtual Devices というウィンドウが出てくるので、 Create Virtual Device をクリック。

そうすると Pixel や Nexus などのデバイス名が表示されるので、一つ選択し、 Next をクリック。

次に、その選択したデバイスにインストールしたい Android OS のバージョンを選択し、 Next をクリック。

最後に、現在作成しているエミュレータの名前を適宜決めて Finish をクリックすることで、エミュレータが完成します。リストの中に作成したエミュレータが表示されているはずなので、再生ボタンを押してエミュレータを起動します。

これでエミュレータのセットアップが完了です。
*エミュレータは閉じておきましょう。

Android Studio に Flutter と Dart プラグインをインストール

Android Studio のスタート画面に戻り、 Configure から Plugin を選択します。

Plugins という別ウィンドウが開くので、 検索ボックスで Flutter と検索し、Flutter プラグインをインストールします。

*このとき、Dart プラグインもインストールするように促されるので Yes とします。

Flutter の部分、 Install とあるボタンが Restart IDE と表示が変わるのでそのボタンをクリックします。すると、Android Studio を再起動されます。

Android Studio のスタート画面から Start a new Flutter project を選択します。

Flutter Application を選択し、Next をクリック。

新しい Flutter アプリの設定をします。 Flutter SDK path に、 Flutter の SDK ファイルを置いた場所を指定します。また、 project location を適宜変更し、 Next をクリックします。

ドメイン名を適宜変更し Next をクリックすると、新しい Flutter アプリのセットアップが始まります。セットアップが完了するとコーディング画面が表示されます。

コーディング画面のツールバーから、アプリを動かしたい android エミュレータを選択します。

もし no devices と表示されている場合は、 open Android Emulator を選択するとエミュレータが起動され、デバイスを選択できるようになります。

デバイスを選択し、Run ボタンをクリックするとアプリがエミュレータ上にインストールされます。

*もしインストールがうまくいかない場合は Android SDK を最新版にアップデートしてみましょう。

Android SDK を最新版にアップデートする

コーディング画面を閉じ、 Android Studio のスタート画面へ行き、 Configure から SDK Manager を選択します。

System SettingUpdates へ移動し、最新版があるかどうかチェックし、ある場合は最新版にアップデートできます。

こんな記事も読まれています

投稿はありません。

もう記事がありません

エラーが発生しました

もっと表示する

ウェブ開発へのお問い合わせはこちらから

ウェブサイトやアプリ開発をしております。
どんなものを作りたいのかを明記した上でお問い合わせをお願いします。
また、簡単な質問や要望も受け付けています。まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 入力必須です。
  • 入力必須です。
  • メールアドレスの形式で入力してください。
  • 入力必須です。
OR

お問い合わせを送信しました。
24時間以内に返信させていただきますので、しばらくお待ちください。
お問い合わせありがとうございました。

送信に失敗しました。
何度も失敗するようでしたら、こちらからお問い合わせください。