Flutter を mac の iOS シミュレーターで動かしてみる

Flutter のメリットとデメリットについては前回学んだので、実際に動かしていってみます。

Flutter を勉強スタート。まずはどんなものなのかを知る。

Flutterの公式サイトにあるガイド通りに進んでいけば簡単にできました。
英語が分からなくてもできそうですが、覚書としてここにまとめておきます。

mac で Flutter のiOS用サンプルアプリを動かすまで

まずは、Flutter の SDK をダウンロードします。

ダウンロードした zip ファイルを解凍し、適当な場所に配置します。

続いて、 ターミナルでFlutter ツールをパスに登録します。

 export PATH="$PATH:`pwd`/flutter/bin"

*上記のコマンドはターミナルの現在起動しているウィンドウのみでの登録なので、ターミナルを再起動した場合は、再度パスを登録する必要があります。

Flutter のパスを自動でターミナルに登録する方法

iOS の開発環境を整えるために、 Xcode をインストールします。
Xcodeは9.0以上のバージョンのものをインストールします。
インストールは、Mac App Store から行いましょう。

Xcode インストール後、コマンドラインツールを使用できるように下記のコマンドをターミナルで実行します。

 sudo xcode-select --switch /Applications/Xcode.app/Contents/Developer

さらに、下記のコマンドを実行し、ライセンスに同意します。

sudo xcodebuild -license

ライセンスに同意したら、下記コマンドで iOS シミュレータが起動できるようになります。

 open -a Simulator

ここからは、サンプルアプリを走らせる方法になります。
任意の場所で、下記コマンドをターミナルで実行し、新規 Flutter アプリを作成します。

 flutter create my_app

フォルダが作成されるので、そのフォルダの中へと移動します。

cd my_app

そして、 Flutter アプリを起動します。

flutter run

これで iOS シミュレータでサンプルアプリが動くようになりました。

次回は実機にサンプルアプリをデプロイし、動作できるようにしていきます。

macOS install – Flutter

こんな記事も読まれています

投稿はありません。

もう記事がありません

エラーが発生しました

もっと表示する

ウェブ開発へのお問い合わせはこちらから

ウェブサイトやアプリ開発をしております。
どんなものを作りたいのかを明記した上でお問い合わせをお願いします。
また、簡単な質問や要望も受け付けています。まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 入力必須です。
  • 入力必須です。
  • メールアドレスの形式で入力してください。
  • 入力必須です。
OR

お問い合わせを送信しました。
24時間以内に返信させていただきますので、しばらくお待ちください。
お問い合わせありがとうございました。

送信に失敗しました。
何度も失敗するようでしたら、こちらからお問い合わせください。