カナダなら同性婚も、ビザを持っていなくも結婚可能。BC州で結婚する方法

カナダは同性婚が認められています。日本では同性婚は認められていないため、カナダで結婚をして証明書を発行する方々もいらっしゃいます。これも一つの2人の絆を証明する方法。

今回はカナダで結婚する方法に付いてご紹介します。

カナダで結婚するにはビザが必要?

日本人はビザが無くてもカナダに渡航できます。カナダでは、カナダに滞在中誰でも結婚をすることが可能なので、日本人の場合はビザが無くても結婚を申請することができます。

それでは結婚するために必要な手続きをまとめていきます。結婚のルールは州によって異なりますが、ここではBC州に特化して説明していきます。

Marriage License を購入

BC州で結婚するには Marriage License という結婚申請書を購入する必要があります。

2019年の時点では $100 で購入可能。ロンドンドラッグなどで販売しています。
バンクーバーでMarriage License を購入できる場所リスト

ポイント: Marriage Licenseを購入する際に必要な書類

Marriage Licenseを購入するには、下記の書類のうち一つを用意しましょう。

  • Birth Certificate (戸籍謄本の英訳したもの)
  • PRカード (移民した人が所有しているカード)
  • Citizenship Card (市民権を持っている人が所有しているカード)

カナダに移民もしくは市民になっていない人でも大丈夫です。戸籍謄本を日本で取得して英訳したものを用意しましょう。

Marriage Commissioner を見つけ、結婚式を挙げる

Marriage Commissioner とは 結婚を見届る人のことです。BC州オフィシャルのCommissioner を雇って結婚式を行う必要があります。

Commissioner は下記のリンクのリストの中から選びます。
バンクーバーの Marriage Commissioner リスト

ポイント: Marriage Commissioner を雇う金額

Marriage Commissioner を雇って1時間の結婚式を行う場合、 $75.00 + GST 5% の金額を Commissioner に支払います。

もし、式が1時間以上の場合や、式場が Commissioner の家から離れている場合は追加料金が発生する場合があります。

Marriage Commissioner に関する詳細ページ

ポイント: 結婚式について

結婚式はどこでも行えます。例えばホテルの催し物会場を借りてもいいですし、ホテルの一室、もしくは自宅の一室でも可能です。

結婚式を行う際は、必ず2人の証人が必要です。

結婚式ではMarriage Commissioner に対して結婚を宣言し、 Marriage Licenseにサインします。

Marriage Certificates 発行

結婚式が終わると、 Marriage Commissioner はカップルの結婚を政府に対して登録します。そして、約3週間ほどすると、BC州から Marriage Certificates という結婚証明書が送られてきます。

このMarriage Certificates が2人が結婚したことを証明するためのもので、晴れて2人は結婚を認められます!

こんな記事も読まれています

投稿はありません。

もう記事がありません

エラーが発生しました

もっと表示する

無料で相談に乗ります!
バンクーバーの
コンシェルジュサービス

バンクーバーへの観光や長期滞在をより快適に楽しめるように、基本的に無料で相談に乗っています。
過去には、ワーホリの方のお部屋探し相談や、美味しいお店、立ち寄りスポットなどの紹介をさせていただいたこともあります。
まずはお気軽にご相談を!

  • 入力必須です。
  • 入力必須です。
  • メールアドレスの形式で入力してください。
  • 入力必須です。
OR

お問い合わせを送信しました。
24時間以内に返信させていただきますので、しばらくお待ちください。
お問い合わせありがとうございました。

送信に失敗しました。
何度も失敗するようでしたら、こちらからお問い合わせください。