知っておくことが大事。PrEP で始める HIV 予防。

カナダでは同性愛が当たり前なこと。男性同士のセックスを行うことで HIV が蔓延することを防ぐ研究や対策もしっかりと行っています。

今回は、 HIV を防ぐのに役立つ PrEP について知っておくべき 10 のことを紹介します。

ここから先は生々しいこともあるので、興味のある方だけお読みください。

PrEP は HIV 予防に効果あり

PrEPを毎日服用することで、 HIV 感染を 99% 防ぐことができます。

その他の性感染症には効果なし

PrEP で防げるのは HIV感染のみ。梅毒を含むその他のSTD (性感染症)を防ぐことはできません。PrEP を服用していても、コンドームを使用したアナルセックスが推奨されています。

服用することによる副作用

PrEP の服用を始めると、一部の方は副作用を感じることがあります。

  • 腎臓の違和感
  • 骨の過疎化
  • 体重の減少
  • 精神の不安定

このような副作用と感じる人は 1% 以下だそうですが、僕も服用を始めた当初は腎臓の違和感を感じることがありました。このような副作用は1週間もすれば無くなりますが、もしなくならない場合は医師に相談しましょう。

錠剤タイプ

PrEP の形は 錠剤 (タブレット)として配布されています。日本の錠剤のサイズよりも大きいので、最初は大きくて飲みづらさを感じるかもしれません。

1日1回服用する

PrEP を始めたら1日1粒のタブレットを服用することで、HIVへの予防効果を高い状態で維持できます。服用する際はお水で飲み込みます。ご飯前でも後でも、朝でも夜でも服用可能。自分のライフスタイルに合わせて服用しましょう。

もし服用を忘れてしまった場合、PrEP の効果が薄れるので忘れずに取ることが大事。

服用を忘れてしまった場合

そうは言っても服用を忘れることはあります。その場合は、下記のようにしましょう。

  • 次の服用が12時間以上時間がある場合:
    1粒服用して、次の日は通常通り服用。
  • 12時間未満の場合:
    その日の服用を諦めて、次の日から通常通り服用しましょう。

1日服用を忘れてしまうとPrEPの効果が薄れますが完全にリセットされるわけではありません。

オンデマンド PrEP

定期的にアナルセックスを行う方は毎日服用することで効果を発揮しますが、たまにしかしない方もいます。そのような方にはオンデマンドな服用方法も可能だということが最新の研究からわかってきました。オンデマンドな取り方を行う場合は下記の通り。

  • アナルセックスを行う 2 – 24時間前: 2錠服用
  • セックスの1日後 : 1錠服用
  • セックスの2日後: 1錠服用
  • 3日以降: 服用を止めてOK

PrEP 服用をやめる場合

PrEPの服用は基本的にいつでもやめられますが、下記1点だけ注意しましょう。

  • アナルセックスを行った後 2日は必ず PrEP を服用する。

PrEPはBC州在住なら無料で服用できる

BC州は、希望者に対して Truvada という PrEPを無料配布しています。
PrEPの服用を始めるには、事前の検査が必要です。さらに、PrEPを継続的に服用するには定期的な検査も必要となります。

この部分は長くなるので別途記事を書こうと思います。

HIVを防げるのは PrEP 以外にもある

HIVを防ぐ方法は PrEP だけではありません。 PEP (Post Exposure Prophylaxis) という方法もあります。PrEP がセックスの前に準備をすることに対して、 PEP はHIVに感染する可能性のセックスを行った後に取る対策方法です。これについても別途記事を書こうと思います。

こんな記事も読まれています

投稿はありません。

もう記事がありません

エラーが発生しました

もっと表示する

無料で相談に乗ります!
バンクーバーの
コンシェルジュサービス

バンクーバーへの観光や長期滞在をより快適に楽しめるように、基本的に無料で相談に乗っています。
過去には、ワーホリの方のお部屋探し相談や、美味しいお店、立ち寄りスポットなどの紹介をさせていただいたこともあります。
まずはお気軽にご相談を!

  • 入力必須です。
  • 入力必須です。
  • メールアドレスの形式で入力してください。
  • 入力必須です。
OR

お問い合わせを送信しました。
24時間以内に返信させていただきますので、しばらくお待ちください。
お問い合わせありがとうございました。

送信に失敗しました。
何度も失敗するようでしたら、こちらからお問い合わせください。