シアトル – バンクーバー間をクルーズ船で移動してみたら最高だった!

バンクーバーには夏になると多くのクルーズ船が停泊します。それらのクルーズ船の一部はアラスカへと向かうのですが、実は途中から乗船、途中での下船ができるんです。

それを利用してシアトル – バンクーバー間をクルーズ船で移動できます。

先日、シアトルに行った帰りに Emerald Princess クルーズ船に乗ってバンクーバーまで帰ってきて、最高の体験ができたのでご紹介します。

乗船はシアトルの Pier 91 から

シアトルには複数の港があります。 Emerald Princess は Pier 91 という港を発着します。

Pier 91 あたりからはシアトルのダウンタウンが遠くの方に見えてなんだか素敵でした。

港はとても大きいのですが、遠くからみても分かる大きいクルーズ船!この日は2隻停泊していて、どちらの船もバンクーバーへと向かうようです。

船に乗って国境を越えるため、この港でその手続きを済ませます。
この港で働いている人たちはみんな愉快でフレンドリー。空港での出国とは大違いでした笑

船の中はさすがの豪華客船!

手続きはあっという間に終わり、船の中へ。

船内はいきなり豪華客船らしい見事なインテリア!

なにはともあれ、まずは身軽になりたいので自分の部屋へ。

船内の部屋なので、正直あまり期待していなかったのですが、いざ入ってみるとすごくしっかりとした部屋でした。バルコニーも付いていて海の上でのんびりと涼しむこともできます。

アッパーデッキのエンタメ感!

部屋を早々に出て、まずは船の上側部分 アッパーデッキへ。
バーが併設されているプールを発見。

カクテルを片手に日光浴をしたり、プールで泳いではしゃいだりと楽しめます。
さらに景色が素敵で、シアトルダウンタウンが一望できます。

アッパーデッキには Under The Star Theatre という屋外映画館もあります。

ここにはジャグジーと温水プール、さらに大きなスクリーンが設置されていて、夜になると映画が上映されます。海の上で夜は少し肌寒いので、ジャグジーに浸かりながら映画が観れるというのは極楽!

Under The Star Theatre の奥にはイベント広場のような場所が広がっています。ここは屋外のクラブといった雰囲気の場所で、バンドによる生演奏が楽しめます。また、夜になるとクラブ会場へと変身し、お客さんたちはお酒を片手に踊って楽しんでいます。

アッパーデッキのエンタメ感は最高でした!次回は船内の様子をお届けしたいと思います。

シアトル - バンクーバー間のクルーズ船 Emerald Princess 船内編

こんな記事も読まれています

投稿はありません。

もう記事がありません

エラーが発生しました

もっと表示する

無料で相談に乗ります!
バンクーバーの
コンシェルジュサービス

バンクーバーへの観光や長期滞在をより快適に楽しめるように、基本的に無料で相談に乗っています。
過去には、ワーホリの方のお部屋探し相談や、美味しいお店、立ち寄りスポットなどの紹介をさせていただいたこともあります。
まずはお気軽にご相談を!

  • 入力必須です。
  • 入力必須です。
  • メールアドレスの形式で入力してください。
  • 入力必須です。
OR

お問い合わせを送信しました。
24時間以内に返信させていただきますので、しばらくお待ちください。
お問い合わせありがとうございました。

送信に失敗しました。
何度も失敗するようでしたら、こちらからお問い合わせください。