Translinkのドライバーが18年ぶりにストライキをする背景

10月10日に、Translink のバスやシーバスに従事している人たちに向けて、労働組合の Unifor がストライキを行うかどうかの投票を行いました。その投票では、99%がストライキに賛成という結果となり、実際にストライキがもうすぐ始まる可能性が高まってきました。

バス利用者は注意!Translink がストライキを始める準備をしています。

労働者から不満が噴出

Translink のシーバスや 96% のバスサービスを支えているのが Coast Bus Mountain Bus Company ですが、その労働組合である Unifor 。
その Unifor によると、サービス従事者からの下記のような不満や主張が出ています。

  • 一部の人は契約書を持たずに半年以上も仕事をしている
  • 爆発的に増えた乗客に対してドライバーやオペレーターなどの人員不足
  • Translink が「北米のベストトランジットシステム」に選ばれたのは最前線で働いている人たちの成果だが、それを認識していない

Translinkの利用者が増え続けていることで、バスの本数やサービス時間が増える一方、人員は明らかに不足しており、労働者は適切な休憩をとれておらず危ない状況なのだそう。

ドライバーの給料体系

では、まず気になるのはドライバーの給料はどうなっているのかということ。2019年2月では、下記のような給料体系のようです。

  • 1か月のトレーニング期間: $22.83 / 時
  • トレーニング後、最初の8カ月間: $24.46 / 時
  • 次の8か月間: $26.09 / 時
  • その次の8か月間: $29.35 / 時
  • 2年以上働いた場合: $32.61 / 時

(在来ルートのバスドライバーの給料です。)

これに加えて、歯医者や眼鏡などエクステンドの保険も充実しています。
バンクーバー近郊での労働者の平均時給が $19.50 / 時 なので、トレーニングの段階ですでに平均を超えているようです。

Translink のサービス拡充は肌で感じる

給料のことだけを考えると、それなりにもらっているように思いますが、ドライバーは人の命を乗せて走っています。けっしてじゃがいもを乗せて走っているわけではありません。特別な免許も必要なことを考えると、これくらいもらうのは妥当だと感じます。

Unifor の訴えは、もちろん給料面のことも言っているでしょうが、それ以外のことも言っています。例えば、ドライバーに対して適切な休憩をとれるようにしてほしい、といったことです。

たしかに Translink では、より頻繁にバスを利用できるようにしていたり、ナイトバスの運行時間を長くして、より便利なサービス提供をしようとしているのを僕自身感じます。よりよいサービスを提供するために、ドライバーが適切に休憩が取れないとなると、人命が危険にさらされる可能性があります。そういった部分を改善する必要はあるように思います。

ストライキの必要性

バス利用者は、ストライキにより不便をこうむることになります。なかなか来ないバスを延々と待つしかないかもしれません。

ですが、ストライキを行うことで労働環境が改善されていくのは重要なこと。ストライキは関係のない人に迷惑をかける行為なので、個人的にはあまり好きな手法ではないですが、そうでもしないと職場環境が変わらないのも事実。もっと建設的な方法で解決できればいいですが、そういう手段の選択肢がほとんどの場合無いのです。職場環境の改善を行うためにはストライキは必要なことでしょう。

バンクーバーでもうすぐ始まるライドシェアサービス。実は一足早く利用できるんです。

Translink がどのように Unifor に回答を出すか注目が集まっています。Unifor の思い通りに行くことばかりではないはずですが、少なくともドライバーさんがしっかり休みを取れて、たくさんの人を乗せても安全な環境へと改善されることを期待しています。

こんな記事も読まれています

投稿はありません。

もう記事がありません

エラーが発生しました

もっと表示する

無料で相談に乗ります!
バンクーバーの
コンシェルジュサービス

バンクーバーへの観光や長期滞在をより快適に楽しめるように、基本的に無料で相談に乗っています。
過去には、ワーホリの方のお部屋探し相談や、美味しいお店、立ち寄りスポットなどの紹介をさせていただいたこともあります。
まずはお気軽にご相談を!

  • 入力必須です。
  • 入力必須です。
  • メールアドレスの形式で入力してください。
  • 入力必須です。
OR

お問い合わせを送信しました。
24時間以内に返信させていただきますので、しばらくお待ちください。
お問い合わせありがとうございました。

送信に失敗しました。
何度も失敗するようでしたら、こちらからお問い合わせください。