wordpressをサブディレクトリにインストールする方法

wordpressのシステムファイルを置いた場所が、デフォルトでは、ウェブサイトのアドレスとなります。
そうすると、サーバー直下がwordpressのシステムファイルでごちゃごちゃに見えてしまい、整理できていないように感じます。

デフォルト設定を変更して、wordpressをサブディレクトリにインストールしてみましょう。

まず初めに

ここでは、ウェブサイトのURLと、wordpressのシステムファイルを置きたい場所を下記のようにする場合を考えてみます。

ウェブサイトのURL: http://example.com
wordpressシステムファイルの配置場所: http://example.com/sub_directory

1) wordpressシステムファイルをアップロードし、インストール

wordpressのシステムファイルをwordpress.orgからダウンロードし、圧縮ファイルを解凍すると、下記のようなファイルが格納されています。

wordpress
 |- wp-admin
 |- wp-content
 |- wp-includes
 |- readme.html
 ...

wordpress以下に格納されている全てのフォルダとファイルを下記URLに写します。

http://example.com/sub_directory/
 |- wp-admin
 |- wp-content
 |- wp-includes
 |- readme.html
 ...

アップロードが終わったら、ブラウザ上でhttp://example.com/sub_directoryにアクセスし、インストールを進めて行きます

ユーザー情報や、データベースなどの情報を入力し、インストールが成功したら、設定画面へと進みます。

2) サイトアドレスを変更

wordpressの設定画面で、下記のように設定を変更します。

サイトアドレス(URL): http://example.com
WordPressアドレス(URL): http://example.com/sub_directory

この変更を適用すると、一時ウェブサイトにアクセスできなくなりますが、次の作業をすることでアクセス可能になるので安心してください。

3) FTPアクセスして、ファイル操作

ウェブサイトにFTPでアクセスし、.htaccessを移動します。

http://example.com/sub_directory/.htaccess
--> http://example.com/.htaccess

さらに、index.phpをコピーします。

http://example.com/sub_directory/index.php
--> http://example.com/index.php

4) コピーしたindex.phpを編集

コピーしたindex.phpを開いて、下記のように変更します。

require(dirname(_FILE_).'/wp-blog-header.php');
--> require(dirname(_FILE_).'sub_directory/wp-blog-header.php');

5) wordpressの設定画面へ

上記変更をしたことで、ウェブサイトに正しくアクセスできるようになりました。ですが、この状態だとパーマリンクの設定が崩れている可能性があります。

それを修復するために、wordpress設定の、パーマリンク設定へとアクセスし、何も変更せずに、更新ボタンをクリックしましょう。

これで全ての作業が完了となります。
お疲れ様でした。

こんな記事も読まれています

投稿はありません。

もう記事がありません

エラーが発生しました

もっと表示する

ウェブ開発へのお問い合わせはこちらから

ウェブサイトやアプリ開発をしております。
どんなものを作りたいのかを明記した上でお問い合わせをお願いします。
また、簡単な質問や要望も受け付けています。まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 入力必須です。
  • 入力必須です。
  • メールアドレスの形式で入力してください。
  • 入力必須です。
OR

お問い合わせを送信しました。
24時間以内に返信させていただきますので、しばらくお待ちください。
お問い合わせありがとうございました。

送信に失敗しました。
何度も失敗するようでしたら、こちらからお問い合わせください。